失敗しない精力剤の選び方を教えます!

精力剤学園

精力剤

精力剤の副作用について

更新日:

精力剤を飲み始める際に気になるのが副作用ではないでしょうか?

結論から言うと勃起薬(ED治療薬)以外の精力剤はそれほど副作用を心配する必要はありません。

しかし、中には副作用が現れる精力剤もあり、また、その種類によっても副作用の症状は異なります。

今回は精力剤の副作用について解説しています。

精力剤の種類による副作用について

精力剤は大きく強壮剤、強精剤、勃起薬(ED治療薬)の3つに分類されます。

精力剤の種類については以下の記事で詳しくご紹介しています。

参考記事:強壮剤、強精剤、勃起薬、どの精力剤が自分に向いている?

まずは精力剤の種類ごとにどのような副作用があるのかご紹介します。

強壮剤(医薬品のもの)の副作用

強壮剤にはすっぽんエキスなどを主原料としたサプリメントのものと、医薬品成分を含んでいる医薬品に分類されるものがあります。

サプリメントの強壮剤は薬ではないので副作用は特にありませんが、医薬品の強壮剤の場合は発疹・発赤、かゆみ、頭痛、食欲減退などの副作用を引き起こすこともあります。

必ず強壮剤の用法・用量を守って服用するようにしてください。

強精剤の副作用

一般的に精力剤と呼ばれているのがこの強精剤です。

強精剤は一部の強壮剤と同じように精力増強に効果がある成分を大量に含んだサプリメントのため副作用の心配はありません。

しかし、多くの強精剤に含まれているアルギニンという成分が強アルカリ性のため酸性の胃液を中和する作用があるため、胃痛や胃もたれなどの胃の不快感を引き起こす場合があります。

胃の不快感予防として、空腹時は避けて食後に服用する、強精剤を飲む前に牛乳を飲んで胃に牛乳で膜を作るという方法もおすすめです。

勃起薬(ED治療薬)の副作用

勃起薬はED(勃起不全)の治療薬です。

勃起薬(ED治療薬)としてはバイアグラ・レビトラ・シアリスが有名ですが、勃起薬(ED治療薬)の服用者のうち約9割が副作用があるとの報告があるほど、勃起薬(ED治療薬)に副作用はつきものです。

しかし、副作用の発生率が高いとはいえ、その副作用の大半は「体のほてり」「目の充血」など血流がよくなることにより生じる副作用のため、それほど心配はいりません。

また、人によっては「頭痛」「動悸」「鼻づまり」など、お酒を飲んだ時に近いような副作用を発症することもあるようですが、勃起薬(ED治療薬)の効果が切れると自然と治ります。

しかし、勃起薬(ED治療薬)は体調や他の薬との飲み合わせにより命にかかわるような副作用を引き起こす可能性もあります。

必ず医師の診察のもと処方してもらい、用量・用法を必ず守って服用してください。

【補足】勃起薬(ED治療薬)は通販で買ってはいけない!

勃起薬(ED治療薬)のバイアグラ・レビトラ・シアリスなどは医薬品のため手に入れるには医師による診察のうえ処方してもらわなければなりません。

しかし、勃起薬(ED治療薬)はインターネット通販サイトなどで販売されているため、病院に行かなくても入手することができます。

これらのサイトで販売されている勃起薬(ED治療薬)を購入しても個人で利用する上では違法性はありませんが、流通経路が不明確なため品質面や安全面で不安が残ります。

勃起薬(ED治療薬)が必要な場合は通販では購入せず、必ず病院で処方してもらうようにしましょう。

天然成分の精力剤の副作用は?

クラチャイダムゴールドなどは自然から摂れた成分をそのまま使用しているため、化学的に合成・分解して作られた精力剤と比べると安全性は高いと言えます。

しかし、天然成分の精力剤でも副作用として気を付けなければいけないのがアレルギー症状です。

精力剤の中にはショウガ・にんにく・プロポリスなどアレルゲン物質となりえる成分を含んでいる商品も多いので、アレルギーをお持ちの場合は服用前に成分表を確認してアレルゲン物質が含まれていないか事前に確認しておきましょう。

サプリメントタイプの精力剤の過剰摂取の副作用は?

サプリメントタイプの精力剤は医薬品ではないため1日の摂取量に制限を定められておらず、極論ですが1日に1ビン飲んでも副作用の心配はありません。

しかし、人の体は栄養を一度に摂取できる量に制限があり、吸収できなかった栄養分は体外へ排出するようにできているため、一度に大量の精力剤を摂取したとしても効果を早めるわけでも、効果を引き上げるわけでもありません。

一度に大量の精力剤を服用しても成分を吸収しきれず、結果として精力剤を無駄にしてしまいます。

それでも少しでも早く効果を出したいという場合は、1日3錠の服用を推奨している精力剤なら4~5錠くらいに増やしてみるだけでも違いを体感できることもありますので、試してみてもよいでしょう。

まとめ

  • 医薬品の強壮剤は軽度な副作用を引き起こす可能性がある。
  • サプリメントタイプの強壮剤、強精剤は副作用の心配はないが、アレルゲンには注意が必要。
  • 勃起薬の副作用発生率は高い。重篤になるケースもあるので必ず医師の診察のもと処方してもらい正しく服用すること。

精力剤の中には副作用を伴うものもありますが、精力剤により失われた精力を取り戻すことができます。

また、精力剤の種類にあった正しい飲み方をすれば必要以上に不安になることはありませんので、精力減退でお悩みならぜひ精力剤を試してみてください。

2017年最新版!厳選おすすめ精力剤ランキング

精力剤選びで重要な「効果」「安全性」「コスパ」から本当におすすめできる精力剤を厳選しました!

↓詳しくはこちら↓

-精力剤

Copyright© 精力剤学園 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.