コラム

飲酒後のセックスで中折れする場合の効果的な対策

更新日:

お酒を飲むと気持ちがリラックスして性的に興奮しやすくなるため、飲酒後にそのままセックスという流れになることもありますが、多くの男性の悩みは飲酒後セックス時の中折れではないでしょうか?

お互いに気分が盛り上がっているのに、中折れしてしまってセックスを中断してしまうのも雰囲気が台無しですよね。

この記事では、飲酒後の中折れを防止するための対策についてご紹介します。

飲酒後に立ちが悪くなる理由

脳は神経細胞という細胞が集まって構成されていますが、アルコールにはこの神経細胞を麻痺させる効果があります。

また、この神経細胞が集まって様々な部位が存在しますが、部位によって役割も違い、またアルコールの影響を受けやすさにも差があり以下のような順番で脳の神経細胞の働きが低下していきます。

ステップ1

お酒を飲むと、まずは大脳新皮質という部位の働きが低下します。この部位は理性を司る部分で、大脳新皮質の機能が低下すると理性により抑えられていた感情が表面に出始めます。

ステップ2

次に大脳辺縁系という感情や記憶を司る部位の働きが低下し始めます。大脳辺縁系の機能が低下すると記憶があいまいになったり、感情が高揚したりするようになります。

ステップ3

続いて小脳という運動能力を司っている部位の働きが低下します。小脳の機能が低下すると、まっすぐ歩けなくなったりするなど、体を思い通りにコントロールできなくなります。

ステップ4

最終的には脳幹と呼ばれる部位の機能が低下しますが、この部位は体温調整など生命維持に必要不可欠な役割を担っているため、脳幹がマヒすると急性アルコール中毒など生命への危険性もあります。

お酒を飲み過ぎない

そもそも論ですが、お酒の席でこのあとセックスの流れになりそうと感じたら極力お酒を飲む量を控えることが最も重要です。

上記「飲酒後に立ちが悪くなる理由」で解説したとおり、どのくらい飲酒したかによって神経細胞の機能低下にはステップがありますが、中折れをしないようにするには最低ステップ2でとどめるようにしましょう。

水を大量に飲む

アルコールの血中濃度を下げるには水を飲むのも効果があります。

また、水を飲むことにより利尿効果も期待できるので、お酒を飲みすぎたなーと思ったら、お酒から水に切り替えればアルコールを抜くのに最適です。

即効性が期待できる精力剤を使用する

精力剤には即効性が期待できる動物性原材料がメインの精力剤と、体質自体の改善に効果が期待できる植物性原材料がメインの精力剤の2種類がありますが、飲酒後に飲むなら即効性がある精力剤の方をオススメします。

お酒を飲んだ後となるとコンビニで精力剤を購入すると思いますので、こちらの記事もよければご覧ください。

ただし、精力剤には血管を拡張する効果のある成分が含まれている場合もありますので、飲酒後に精力剤を飲むと鼓動が早くなったり、動悸を起こす可能性がありますので、十分注意して飲むようにしましょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • 深酒はしないこと。セックス前ならステップ2でとどめよう。
  • 飲み過ぎたと思ったら水でアルコールの血中濃度を下げる。
  • 精力剤は動物性原材料が効果的。ただし動悸などには注意。

\ペニス増大体験談!/

\2018年話題の精力剤/

\精力剤を選ぶなら「成分」を知るべし!/

\2018年おすすめ精力剤ランキング/

-コラム

Copyright© 精力剤学園 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.