失敗しない精力剤の選び方を教えます!

精力剤学園

中折れ

セックス中に萎えてしまう!中折れの原因と対策を徹底解説!

更新日:

セックスの最中にペニスが萎えてしまう中折れ。

大切な彼女や奥さんも「自分に魅力がないのかも」とショックを受けてしまいますし、男としての自信も無くしてしまいますよね。

中折れを引き起こす原因は様々ありますが、原因をしっかり特定して対策を講じることで改善することはできます。

私自身、40代中ばを迎えて勃起力の低下を感じ始めていましたが、現実としっかり向き合い、改善に取り組むことによって、今では2回戦もいける精力を手に入れました。

この記事では、中折れの原因と中折れが引き起こす問題点、そして中折れを改善するための対策についてご紹介しています。

中折れで悩んでいる方の力になれば幸いです。

中折れの原因

まずは主な中折れの原因について解説します。
自分がどのケースに該当するのか確認してみましょう。

加齢による精力減退

中折れの原因としてもっとも多いのが加齢による精力減退によるものです。

強い勃起を維持するには様々な要素が必要ですが、その中でも重要なのが男性ホルモンの分泌量です。

男性ホルモンが多いほど「ムラムラする」「セックスしたい」という欲求も強くなります。

この男性ホルモンは男なら誰しもが分泌していますが、加齢とともに分泌量が少なくなり、精力減退へとつながっているのです。

血行不良による勃起力低下

勃起は海綿体の毛細血管に血液が集まることにより起こる生理現象です。

そのため、血流の良し悪しも勃起時の硬さに大きく影響します。

オフィスワークやクーラーの効いた部屋で一日中過ごしていると血行が悪くなってしまい、勃起時にも血液が流れにくくなり中折れの原因になってしまいます。

また、喫煙・運動不足により血管が狭くなったり血液中に老廃物が溜まるのも中折れの原因となります。

オナニーの仕方

床オナ、オナホールなど、普段からあまりに刺激の強いオナニーをし過ぎると、女性の膣に挿入してもあまり快感を得られずに中折れしてしまうことがあります。

また、手のひらでペニスを強く握り過ぎている場合も膣の締まりが弱く感じてしまい、中折れ・射精障害の原因になります。

参考記事:中折れ改善に効果的なオナニー方法

疲労やストレス、睡眠不足など

仕事やプライベートの悩み、ストレスを感じていると勃起力の低下につながり、中折れを引き起こす原因となります。

特に社会人は残業など肉体的にも疲れが蓄積しやすいので注意が必要です。

参考記事:疲労やストレスで勃たなくなったり中折れする原因と対策

ED(勃起不全)

本番だけではなく、普段から立ちが悪いのであればED(勃起不全)の可能性があります。

ちなみに、生挿入だと問題ないがゴム(コンドーム)を付けると中折れしてしまうのはコンドームEDと呼ばれ、勃起不全の一つの症状とされています。

参考記事:これってED?コンドームを付けると中折れしてしまう原因と対処方法

中折れが引き起こす問題点

中折れは様々な問題を引き起こし、深刻化する可能性もあります。

欲求不満による充実感不足

中折れしてしまうと射精まで至ることができず、3大欲求の一つである性欲を十分に満たすことができず欲求不満になってしまいます。

欲求を満たすことにより日々の仕事や生活にも活力がみなぎりますが、欲求不満の状態では本来のパフォーマンスを発揮することができず、充実感が不足してしまいます。

男としての自信喪失

ペニスは男の象徴なので、みんな大きくて硬いペニスに憧れますし、なんだかんだで女性もたくましいペニスの方が好きです。

若いうちはあまり意識しませんが、ペニスはギンギンに立つだけで自信につながっているのです。

しかし、中折れするようになると男としても終わった感じがして、普段の生活からも自信がなくなってしまった気がしてきます。

奥さんや彼女の浮気

夫婦の浮気について調査した企業のデータによると、500組の夫婦のうち28.3%が浮気が原因で喧嘩をしたことがあると回答していました。

そして、男女比で見ると男性の浮気率が26.9%、女性の浮気率が16.3%となっており、さらに年代別でみてみると30代~40代以降の浮気が増えていました。

30代~40代以降の女性が浮気をする理由は「配偶者に相手にされなくなってさみしいから」が最も多かったそうです。

女性は男性と違い年齢を重ねるごとに性欲が増していきます。

中折れでまともに夜の相手をしてもらえないというところから欲求不満が溜まり浮気してしまう、というケースも少なくないでしょう。

参考記事:夫や彼氏の中折れは浮気の原因の一つ

中折れの改善に効果的な対策

それでは中折れを防止・改善する具体的な方法についてご紹介します。

サプリメントや勃起薬を服用する

一番簡単で確実なのがサプリメントや勃起薬を服用する方法です。

サプリメントには中折れの大きな原因となる「精力減退」と「血行不良」に効果が期待できる成分が豊富に含まれていますので、他の対策よりも直接的に効果を体感できるでしょう。

また、ED(勃起不全)が原因で中折れになっている場合はバイアグラやシアリスなどの勃起薬を服用しないと改善する可能性は低いでしょう。

ED(勃起不全)かも?と思ったら、まずは病院で医師の診察を受けることをオススメします。

参考記事:中折れ改善に効果的なサプリメント

参考記事:ED(勃起不全)になる原因と症状

禁煙する

タバコに含まれているニコチンを摂取すると血管が収縮されるため血液の流れが悪くなりますが、禁煙することにより血流の流れを良くし、勃起力を高めることができます。

中折れ防止に効果的な食品を食べる

私たちの体は食べたものの栄養からできていますので、サプリメント同様、中折れ防止に効果のある栄養を食べて体内に取り込むことにより勃起を強くして中折れを防ぐことができます。

中折れを防ぐ精力アップに効果的な食品

  • 牡蠣
  • 高野豆腐
  • にんにく
  • うなぎ
  • にら
  • 納豆
  • ナッツ

トレーニングで鍛えて男性ホルモン(テストステロン)を増やす

高負荷な筋トレをすることにより男性ホルモン(テストステロン)を増やすことにより精力・性欲をアップさせることができます。

AV男優を見てみると体を鍛え上げたムキムキの男優さんが多いですよね。

これは人に見られる職業だからというのもありますが、テストステロンを増やして精力をアップさせるのにも一役買っているのです。

また、トレーニングすることにより血行も良くなるので、勃起力アップにも効果的です。

参考記事:中折れ防止に効果的なトレーニング

リラックスして自律神経を整える

「仕事で嫌なことがあってイライラする」
「気になることがあってセックスに集中できない」
「また中折れしたらどうしようと不安だ」

このようにセックスに集中できないようなストレスがかかった精神状態であれば、まずはリラックスすることから始めましょう。

勃起は自律神経と密接に関わっています。

自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っていますが、ストレスを感じているときは交感神経が優位に、リラックスしているときは副交感神経が優位になります。

そして勃起は副交感神経が優位(リラックスしている状態)のときに起きやすいため、ストレスを取り除くことが大切です。

自律神経を整えるには深呼吸が効果的です。セックスの前にしっかりと深呼吸をしてリラックスした状態でプレイに臨みましょう。

また、あまりにセックスを特別なものと考えすぎるのもプレッシャーになります。セックスを楽しみと感じられることが大切です。

参考記事:トラウマにならない為に!中折れや緊張で立たない人にオススメの効果的な対処方法

まとめ

中折れの改善に即効性のある対策はありません。

1ヶ月、2か月と継続して取り組むことにより初めて中折れを改善できるのです。

中折れの改善に効果的な対策をいくつかご紹介しましたが、年齢や体調、生活リズムによっても続けられる対策は皆さん一人ひとり違います。

運動する習慣がないのに数か月もトレーニングを続けるのは大変ですし、大好きなお酒やたばこをやめて中折れに効果的な食べ物ばかりを食べ続けるのも大変ですよね。

そこでおすすめなのがサプリメントです。

サプリメントは毎日飲むだけでよいので簡単に続けられます。

私はペニトリンマックスというサプリを毎日飲んでいますが、このサプリは中折れ改善だけでなくペニスのサイズアップ効果も期待できるのです!

ちなみに私はこのサプリを飲んで3ヶ月で2.5センチのペニス増大に成功しました。

個人差はあるとは思いますが、ペニトリンマックスを飲み始めてから3日目から朝立ちもするようになり、勃起時の硬さも若いころに引けを取らないくらいに戻りました。

ペニトリンマックスは一日200円弱で飲むことができるので、ぜひ試してみてください。

2017年最新版!厳選おすすめ精力剤ランキング

精力剤選びで重要な「効果」「安全性」「コスパ」から本当におすすめできる精力剤を厳選しました!

↓詳しくはこちら↓

-中折れ

Copyright© 精力剤学園 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.