失敗しない精力剤の選び方を教えます!

精力剤学園

ED(勃起不全)

ED(勃起不全)になる原因と症状

投稿日:

EDとは男性が抱える悩みの一つ勃起不全と呼ばれる症状です。多くの男性が悩むED(勃起不全)は勃起機能が低下することで引き起ります。

ED(勃起不全)は日本人に多く発症することで知られています。勃起不全はまったく勃起しないイメージが強いですが、完全に勃起できない状態や勃起するのに時間が掛かる場合、
勃起維持することが困難の場合も指します。このような症状が現れた場合は勃起不全の可能性があり、満足いく性行為やが出来なくなります。

勃起のメカニズムとは

勃起不全は専門的に説明すると性行為時に十分に勃起できず、維持できない状態を指します。

その為に性交時に満足できない状態も勃起不全が疑われています。正常な勃起は性的興奮が脳に伝わり、脳から送られた信号が神経を通じ陰茎に伝わります。

陰茎に伝わった信号は陰茎海綿体にある動脈に血液が流れ込み、大きくなります。この正常な伝達が勃起状態になります。

勃起不全の原因には

正常な勃起は陰茎海綿体に正常に血液が流れ、大きく立っている状態です。勃起不全の場合、動脈の広がりが十分でない為に血液が流れにくく勃起不全になっている場合があります。

その他にも勃起に必要な神経にダメージを受けたり、加齢により勃起機能が低下している場合があります。神経系にダメージを受けていると勃起に時間が掛かり十分に発揮できない場合があります。

現代人の場合は上記以外にストレスや食事の乱れ、生活習慣の乱れが原因で勃起不全になる可能性があります。病気以外の場合は自分の環境や生活、食事を整え勃起不全を改善することが出来ます。

現在ではEDの専門機関や病院での治療、医薬品など数多くの対処方法が存在します。勃起不全が気になる方は自分に合った対策を検討することが重要です。

ED(勃起不全)の原因が加齢による場合

ED(勃起不全)が加齢による場合、原因は動脈硬化など血液の流れが悪くなっているからです。血液の流れを妨げないように動脈硬化などの障害を予防することが求められます。

日頃の食事で動物性脂肪が多い食事を避け、アルコールや喫煙などを控えることも必要です。ED(勃起不全)が疑われる場合、適度な運動を取り入れバランスの良い食事に心がけることが重要です。

肥満の方は動脈硬化になりやすい体質を持つのでダイエットを行うことも効果が期待されます。

ED(勃起不全)の原因が心因的要因の場合

精神的に勃起できない状態の場合、心因的要因が考えられます。この心因的要因は年齢に関係なく現れ、若い人でも多い原因の一つです。

特徴は仕事の悩み、ストレス、不眠症、うつ病などが性的興奮が抑えられ勃起しにくくなっています。人間関係や女性との関係が上手でない方にED(勃起不全)は多く見られる症状でもあります。

精神的なトラブルが引き起こすED(勃起不全)は不安定な状態や過去の性行為、失敗経験、性的虐待を受け、トラウマになっている場合に現れます。

ED(勃起不全)の原因が生活習慣の場合

生活習慣が原因で動脈硬化になっていることがよくあります。動脈硬化は血管内にコレステロールや中性脂肪が蓄積し血管が狭くなっている状態を指します。

血管が狭くなって血液の流れが悪くなり全身に血液がスムーズに運ばれていない状態です。健康的にも悪影響が及ばす為に注意が必要です。また糖尿病も勃起不全を引き起こします。

糖尿病の場合は血液内の血糖値が高く、高血糖になり続くと血管や神経に障害が起こります。血管が傷つくと動脈硬化が現れ神経が傷ついて刺激が脳から性器に伝わらず勃起しにくくなります。

ED(勃起不全)の原因が怪我や病気の場合

怪我や病気が原因でED(勃起不全)の場合、脊髄の損傷や骨盤外傷、前立腺関係の病気が多いです。前立腺が肥大化したり癌細胞が増殖し前立腺付近の血管や神経が圧迫され血液が海綿体に流れにくくなります。

脳から勃起の信号が性器まで伝わらずED(勃起不全)を引き起こしています。怪我や病気の場合は服用している薬にも原因があります。うつ病や精神疾患の薬には精神や筋肉を弛暖させる効果があり性的興奮を感じず、勃起につながりにくくなっています。

-ED(勃起不全)

Copyright© 精力剤学園 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.