失敗しない精力剤の選び方を教えます!

精力剤学園

精力剤

ドラッグストアの激安精力剤が1万円の精力剤よりコスパが悪い理由

投稿日:

マツモトキヨシなどのドラッグストアやドン・キホーテなどのディスカントショップのナイトサプリコーナーに並んでいる精力剤。

いかにも効果がありそうなギラついたデザインで購買意欲が掻き立てられます。

また、ドラッグストアでは精力剤が定価よりも大幅に値引きされて販売されていることも多く、ついついお得感とスケベ心から手を伸ばしてしまうこともあります。

しかし、精力剤はドラッグストアではなく高額な精力剤を購入した方がコスパが良いのです。

この記事では、なぜ高額な精力剤の方がコスパが良いのか解説します。

ドラッグストアで販売されている主な精力剤について

ドラッグストアやディスカウントショップで販売されている主力の精力剤は以下の通りです。

凄十

凄十(すごじゅう)は大半の人は見かけたことがあると思います。

また、そのネーミングとデザインから、実際に試したことがある方もおおいのではないでしょうか?

凄十はドリンクタイプと錠剤タイプの2種類あり、さらに配合されている成分によって商品が分かれています。

参考記事:口コミで評判の「凄十」を飲んでセックスしてみた!効果、副作用は?

ユンケル

メジャーリーガーのイチロー選手がイメージキャラクターのユンケル

基本的には滋養強壮剤に分類されますが、上位グレードの製品には精力増強にも効果的な成分が含まれています。

精力剤は即効性は期待できない

大前提として精力剤には「ほとんど」即効性はありません。

「ほとんど」というのは、鹿の角や赤マムシなどの動物性原材料は即効性があると言われており、確かに動物性原材料を含んだ精力剤を飲んでから30分くらい経つと体がほてる感覚はあります。

しかし、セックス前に気合を入れて1本1,000円の精力ドリンクを飲んだとしても、血行が良くなり体が暖かくなる程度で精力がみなぎるということはほとんど期待できないでしょう。

精力を高めるためには1ヶ月~3ヶ月くらい継続して精力剤を飲み続け、体質自体を変える必要があるのです。

1ヶ月単位で見れば1万円の精力剤の方が安い

ドラッグストアで安くなっているとはいえ凄十やユンケルなどは1本あたり1,000円くらいの価格で販売されています。

精力回復を体感できる目安の1ヶ月飲み続けるとしたら、30,000円もかかってしまいます。

しかし、当サイトでオススメしている精力剤は1か月分で1万円を切る商品も多く、ドラッグストアで購入するよりも20,000円以上も安く済みます。

また、配合されている成分面でも圧倒的に差がありますので、精力剤の購入を検討しているならドラッグストアやディスカウントショップよりもおすすめです。

2017年最新版!厳選おすすめ精力剤ランキング

精力剤選びで重要な「効果」「安全性」「コスパ」から本当におすすめできる精力剤を厳選しました!

↓詳しくはこちら↓

-精力剤

Copyright© 精力剤学園 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.