コラム

最近勃ちが悪くなったと感じたら…勃起時のペニスの硬さを取り戻す方法

更新日:

「前までは勃起したらガッチガチだったのに最近なんだか勃起力が落ちてきた。」

こんなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

勃起力が低下するとうまく挿入することができなくなったり、挿入中の中折れや射精障害の原因になります。

勃起力が低下する理由は様々です。

しかし、なぜ勃ちが悪くなったのか原因を正しく理解して適切に対処することにより、再びガッチガチの硬いペニスを取り戻すことができます。

女性を満足させるにはペニスの大きさや挿入時間よりも硬さが重要!

女性が男性のペニスについて求めることについてアンケートしたところ、1位は「勃起した時の硬さ」という結果が発表されました。

ちなみに男性が気にしやすい「ペニスの大きさ」は3位という結果でした。

つまり、女性をセックスで満足させるにはペニスの大きさや挿入時間よりも「勃起時の硬さ」が一番重要ということです。

勃起が弱くなったと感じたら、悪化する前に対策を講じることが大切です。

勃ちが悪くなり勃起が弱くなる原因

勃起の硬さを取り戻すには、自分がなぜ勃ちが悪くなっているのか原因を特定することが重要です。

まずは勃ちが悪くなる原因について解説していますので、自分がどのケースに該当しているのか確認してみてください。

加齢や生活習慣による血流の悪化

勃起は海綿体の毛細血管に集中することにより起こる生理現象です。

そのため、血液の流れが良いほど硬く勃起します。

しかし、血液を全身へ運ぶ血管は加齢に合せて老化するため、血管内に老廃物が溜まって血管が細くなったり心臓のポンプ機能が弱まり血液の流れに勢いがなくなるため、勃起力も加齢に合せて弱くなっていきます。

また、加齢のほかにも喫煙や食生活、運動習慣なども血流の悪化に密接に関係します。

ED(勃起不全)発症による勃起障害

ED(勃起不全)は勃起能力が著しく低下している状態で、性交渉をすることが困難な状態を指します。

ED(勃起不全)は病気の一種なので、改善するには病院で処方されるバイアグラやシアリスなどの医薬品(ED治療薬)を服用する必要があります。

また、ED(勃起不全)は生活習慣病の初期症状とされており、ED(勃起不全)を発症した場合はそれ以外にも健康状態に問題がないか注意する必要があります。

ストレスなど心因的要因

脳が性的興奮を得ることにより勃起します。

しかし、精神的にストレスを感じている状態だと自律神経が正常に機能せず、勃起力の低下の原因になります。

特にうつ病を患っている場合はうつ病の治療薬として用いられる抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などには性機能を低下させるものもあります。

勃起時の硬さを改善する

ジョギングやランニングなどの有酸素運動を行う

ジョギングやランニングなどの有酸素運動を行うことにより代謝がよくなり、血流も改善するため勃起力回復の効果が期待できます。

運動習慣がない、運動が苦手という方にはスロージョギングがおすすめです。

スロージョギングは体に負担がかからず手軽に続けられるとテレビやインターネットでも話題になりました。

ポイントは歩くスピードで走ることで疲れずにジョギングの効果を得られるところですが、血流改善だけではなくダイエット効果やメタボ予防といった効果も期待できるので一石二鳥です。

 

スロージョギングについてはこちらの動画で詳しく紹介されていますのでご覧ください。

喫煙者の場合は禁煙する

喫煙者の場合、たばこに含まれているニコチンには血管を収縮する効果があるため血液の流れが悪くなってしまいます。

硬いペニスを手に入れたいなら禁煙、禁煙が難しいようであれば減煙した方がよいでしょう。

また、本気で勃起時の硬さを取り戻そうとするなら禁煙で浮いたお金で精力剤を購入する方法です。

効果が期待できる精力剤の1日あたりのコストはだいたい200〜300円くらいなので、たばこ代よりも安く済むはずです。

セックス前に飲酒を控える

お酒を飲むと気分が高揚するためムラムラしてセックスをしたくなります。

しかし、アルコールには脳の神経細胞を麻痺させて機能を低下させる働きがあるため、勃たなくなったり中折れしやすくなります。

セックスをする前には飲酒をしない、もしくは飲む量を減らすようにしたほうがよいでしょう。

睡眠時間をしっかり確保して疲労を蓄積しない

忙しくて疲れているのになぜかムラムラして性欲が高まることを体験したことはないでしょうか?

これは「疲れマラ」と呼ばれる現象で、肉体的な疲労・自分の意志とは関係なく勃起してしまう現象であたかも精力が増しているかのような錯覚を覚えます。

しかし、実際には精力が増している訳ではないので、勃起時の硬さも元どおりになるということはありません。

しっかりと睡眠時間を確保して疲労を蓄積させないようにすることが勃起力の回復には大切です。

食生活を見直す

肉がメインの食生活を送っている場合はコレステロールが溜まりやすく血管が細くなりやすいので、魚中心の食生活へ切り替えることをおすすめします。

また、納豆や黒にんにくなどの精力回復作用がある成分を含んでいる食材を食事に取り入れることで、勃起力アップの効果が期待できます。

趣味や好きなことをしてストレスを発散する

ストレスを解消して自律神経を交感神経が優位な状態(リラックス状態)にしておくことが硬く勃起するためには大切です。

ストレスが溜まり過ぎてストレスの原因が頭から離れない状態では、いくら精力がみなぎっていても性的興奮ができず勃起力が低下してしまいます。

自分の趣味や好きなことを思いっきり楽しんでストレスを発散させると良いでしょう。

もしもこれといった趣味がないのであれば上記で解説したジョギングやマラソンなどがおすすめです。

走っている最中は余計なことを考える余裕がないので走り終わるころには頭がスッキリします。

セックス前のオナニーを控える

体内に溜まっている精子の量は精力・性欲に比例します。

そして、精力・性欲は勃起の硬さに直接影響を及ぼしますので、セックスする2〜3日前のオナニーは控えましょう。

むしろ、セックスパートナーがいるのであればオナニーをやめて射精はセックスだけにした方が確実に勃起力はアップします。

勃起しやすい体質を作るなら精力剤も併用するのが効果的!

ここまで紹介した方法と併用してほしいのが精力剤を服用することです。

精力剤にはアルギニン・シトルリンという血管を拡張させて血流を改善する成分が大量に含まれているため、勃起しやすい体質を作ることができます。

また、精子を作るために必要不可欠な亜鉛や精力・性欲の源になる男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促す作用がある成分なども豊富に配合されていので、上記で紹介した方法と併用することにより早く効果が体感できることを期待できます。

そしてなにより精力剤は飲むだけでOKという手軽さなので、途中で挫折するということはないでしょう。

精力剤は薬(医薬品)ではなく精力増強に効果的な成分を潤沢に含んでいるサプリメントなので、副作用の心配もなく安全に硬いペニスを取り戻すことができます。

\ペニス増大体験談!/

\2018年話題の精力剤/

\精力剤を選ぶなら「成分」を知るべし!/

\2018年おすすめ精力剤ランキング/

-コラム

Copyright© 精力剤学園 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.