失敗しない精力剤の選び方を教えます!

精力剤学園

中折れ 精力増強

50代の精力減退の原因と効果的な回復方法

投稿日:

「性欲はあるけど、いざというとき使い物にならない」
「中折れするようになった」
「朝立ちしなくなった」
「妻とセックスレスになってしまった」

働き盛りの40代を過ぎて50代にさしかかると精力減退を著しく感じるようになります。

50代~60代の2人に1人はED(勃起不全)という事実

1998年に男性を対象として行われた調査によると、成人男性の4人に1人が“勃起が十分でなく、時々性交ができない”中等度ED、もしくは、“勃起しないため常に性交ができない”完全EDです。

“たまにできない”軽度EDを含めると、EDと診断される人はさらに増え、外来患者さんでの調査ですが、成人男性のなんと53%にものぼります。

データで読む日本人のED - EDネットクリニック

こちらのグラフを見ても分かる通り、50代になると急激にED(勃起不全)と診断される数が増え、約40%~50%の人がED(勃起不全)で悩んでいることが分かります。

50代で精力が減退する原因

50代での精力減退の原因は大きく生活習慣に起因するものと加齢に起因するものがあります。

食生活

  • 焼肉やジャンクフードなどの脂っこい食べ物が好き
  • お酒が好きで休肝日もなくたくさん飲んでいる
  • 野菜をあまり食べない

この中に当てはまるようであれば要注意です。

精力と血液の流れは密接に関係しているため、ドロドロ血液や血管に不純物が詰まっている状態だと精力減退を招いてしまいます。

また、偏った食生活は精力の源になる栄養素不足も懸念されます。

喫煙習慣

たばこに含まれているニコチンには末梢血管を収縮して血圧を上昇させる作用があります。

ペニスは海綿体の毛細血管に血液が集中することにより勃起しますが、喫煙により末梢血管が収縮して血行不良をおこし、結果として血液の流れが悪くなるため精力減退・勃起力の低下につながります。

運動不足

オフィスワークなどが中心の仕事をしている方など、1日の大半を座りっぱなしで過ごしている場合は運動不足になっている可能性があります。

運動不足により体全体の筋力低下、血行不良などを引き起こします。

また、男性ホルモン(テストステロン)の減少や勃起を維持するために必要な筋肉が弱くなってしまい、精力減退や中折れしやすくなります。

肥満(メタボリックシンドローム)

メタボになると内蔵脂肪が増えるため血管の機能障害を引き起こします。

そのため、勃起してもセックスに必要な硬さを維持できなくなり、最悪の場合、ED(勃起不全)に至ってしまいます。

男性ホルモンの減少

精力の源になるのが男性ホルモンです。

男性ホルモンは誰もが分泌していますが、分泌量は10代後半から20代をピークに年々減少していくため、加齢とともに精力が衰えてしまいます。

また、男性ホルモンの低下は男性更年期障害を招くリスクも高くなります。

EDだけじゃない?!更年期障害とホルモンの密接な関係

更年期障害といえば、一般的には女性の更年期障害のことイメージしますが、実は男性にも更年期障害があります。この男性の更年期障害は、「LOH症候群」ともいわれ、男性ホルモンである“テストステロン”が大きく影響しています。

男性更年期障害と症状について - メンズヘルスメディカル

精力改善しなければED(勃起不全)に発展する可能性も

冒頭で解説した通り、50代~60代の2人に1人はED(勃起不全)を発症します。

この事実から目を背けず、精力回復に真剣に取り組むことが精力を取り戻すために一番大切です。

精力回復のカギを握るのは男性ホルモン(テストステロン)の増加

精力を回復する上で一番重要なのが男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を増やすことです。

10代、20代のころは一日に何回セックスしてもビンビンに勃起してませんでしたか?

あれは男性ホルモン(テストステロン)の分泌量がピークの時期だったからです。

つまり、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を10代、20代のころと同じくらいに増やせれば、何歳になってもセックスできるのです。

精力減退を回復する効果的な方法

精力減退から回復するには「男性ホルモン(テストステロン)の増加」と「血行改善」が大切です。この2つに効果がある方法についてご紹介します。

食生活の見直し

私たちの体は食事から摂取した栄養分からできています。食事の内容を見直して精力回復に効果的な栄養素を積極的に摂取できるような献立で食事するように心がけましょう。

精力回復に効果的な栄養素は以下の通りです。

亜鉛

亜鉛は生命維持に必要不可欠なミネラルです。

また、精子を作るときにも大量に亜鉛が必要になるため、セックスミネラルと呼ばれるほど精力増強に欠かせない栄養素の一つです。

亜鉛を多く含んでいる食材:牡蠣(生)、豚肉、ほや、牛肉

アルギニン

アルギニンは一酸化窒素(NO)の生成や成長ホルモンの分泌を促します。

一酸化窒素(NO)は血管を拡張する効果があるため、勃起力アップには欠かせません。

また、成長ホルモンはペニスのサイズアップにも効果が期待できます。

アルギニンを多く含んでいる食材:湯葉、高野豆腐、鰹節、ピーナッツ、ごま

シトルリン

シトルリンには血管拡張の効果があります。

血管が拡張されることにより血液の流れが良くなり、スムーズに海綿体へ血液が流れて硬い勃起を実現します。

シトルリンを多く含んでいる食材:スイカ、メロン、ヘチマ、クコの実

オルニチン

オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の一種で、肝機能の働きを活発にします。

また、オルニチンはアルギニンと併せて摂取することによりダイエット効果が見込めるため、ED(勃起不全)の原因となるメタボ解消も期待できます。

オルニチンを多く含んでいる食材:しじみ、チーズ、キハダマグロ

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酵素の除去や老化防止、動脈硬化の予防の効果があり、血行不良の改善により勃起力アップが期待できます。

ビタミンEを多く含んでいる食材:ひまわり油、アーモンド、とうがらし、抹茶、すじこ

禁煙、減煙

禁煙することにより血管機能が正常化されるため、末梢血管への血流も改善されて海綿体にもスムーズに血液が行きわたるようになります。

どうしても禁煙が難しい場合は、1日あたりに数本数を減らす減煙でもある程度の効果は期待できるでしょう。

運動

運動は男性ホルモン(テストステロン)の増加と血行促進を一度に手に入れられます。

おすすめの運動はランニングとスクワットです。

ランニングは息切れしないくらいのスピードでゆっくり長い時間をかけて行うとより効果的です。

スクワットでは硬い勃起をキープするために必要な骨盤底筋群を鍛えることができるので、中折れの改善も期待できます。

ストレス発散

公私ともに様々なストレスを抱える年代ですが、ストレスは精力減退の一つの要因となります。

休みの日は趣味でストレス発散を意識したり、適度な飲酒でリラックスするもの精力回復に効果的です。

精力剤

精力剤は亜鉛、アルギニン、シトルリンなどの精力回復に効果的な成分を豊富に含んでいる

食事から精力回復に必要な栄養素を摂取することがとても大切です。

しかし、精力回復が期待できる栄養素を摂取するには、牡蠣を100グラム、高野豆腐を200グラム、スイカの大玉を1/4玉といった食材を毎日食べ続けなければなりません。

・・・無理ですよね。

そこでおすすめなのが精力剤です。

精力剤なら亜鉛、アルギニン、シトルリンなどの精力回復に必要な成分を手軽に摂取することができます。

また、当サイトでご紹介している精力剤は効果はもちろん国内生産で安全面でも安心して利用できておすすめです。

2017年最新版!厳選おすすめ精力剤ランキング

精力剤選びで重要な「効果」「安全性」「コスパ」から本当におすすめできる精力剤を厳選しました!

↓詳しくはこちら↓

-中折れ, 精力増強

Copyright© 精力剤学園 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.